Stormbreaker (2006) / アレックス・ライダー

『アレックス・ライダー』(原題:Stormbreaker、別題:Alex Rider: Operation Stormbreaker)は、2006年のイギリス、アメリカ、ドイツ合作のスパイアクション映画。アンソニー・ホロヴィッツのシリーズ小説『ストームブレイカー』(集英社刊)を原作としている。
監督はジェフリー・サックス、主役のアレックス・ライダーは、500人ものオーディションから選ばれた 当時16歳のアレックス・ペティファーが演じ、激しいアクションにも挑戦した。スタント・コーディネーターはリー・シェワード。香港のアクション俳優でアクション監督でもあるドニー・イェンが一部アクションの振り付けを担当している。

 ・ amazon : Stormbreaker (2006) / アレックス・ライダー

Stormbreaker (2006) / アレックス・ライダーのあらすじ

幼い頃両親を亡くしたアレックス・ライダー(アレックス・ペティファー)は銀行員の叔父イアン・ライダー(ユアン・マクレガー)と、家政婦のジャック(アリシア・シルヴァーストーン)とともに暮らす14歳の少年。ある日、叔父が不慮の事故死を遂げ、その死に疑問を抱いたアレックスは彼の周辺を探り自分を育ててくれた叔父が実は英国諜報部員であったことを知ることになる。
秘密情報部に乗りこんだ彼に、上司だった人物は叔父が過去アレックスに教えてきた数カ国の語学や射撃、武道、スカイ・ダイビングやスキューバ・ダイビングなどすべて実はスパイに必要なレッスンだったのだと告げ、彼をMI6にスカウトする。
大人に交じって訓練を受けスパイ道具を受け取り、最年少のエージェントに任命されたアレックスは、イギリス中の学校へ次世代パソコン“ストームブレイカー”の寄付を申し出た一大IT企業CEOダリアル・セイル(ミッキー・ローク)を調査するという任務を叔父から引き継ぎ、セイルの会社で行われたコンピューターコンテストの優勝者になりすまし工場に潜入。そこでセイルが、大規模なウイルス・テロを目論んでいて、ロンドンで行われる寄贈式で首相の押す起動ボタンがウイルスの拡散装置であることを突き止める。しかし、セイルに正体を見破られ捉えられたアレックスと家で待つ家政婦ジャックに迫る危機。スパイ道具を操りその場を脱出したアレックスは、クラスメイトサビーナ(サラ・ボルジャー)の助けを借りながら式典の舞台となるロンドンの科学博物館へと向かうのだった。

関連記事

  1. The Men Who Stare at Goats (2009) / ヤギと男と男と壁と

  2. Incendiary (2008) / ブローン・アパート

  3. The Island (2005) / アイランド

  4. AMELIA (2009) / アメリア 永遠の翼

  5. Cassandra’s Dream (2007) / ウディ・アレンの夢と犯罪

  6. Angels & Demons (2009) / 天使と悪魔

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。