Zoe (2018) / ホンモノの気持ち

『ホンモノの気持ち』(原題: Zoe)は、2018年のアメリカ合衆国のSFロマンティック映画であり、ドレイク・ドレマスによって監督された。ユアン・マクレガー、レア・セドゥ、テオ・ジェームズ、ミランダ・オットー、ラシダ・ジョーンズ、 クリスティーナ・アギレラらが出演する。

 ・ youtube : Zoe (2018) / ホンモノの気持ち

 ・ Netflix : Zoe (2018) / ホンモノの気持ち

Zoe (2018) / ホンモノの気持ちのあらすじ

ゾーイ(レア・セドゥ)は人間関係の改善に取り組むベニゾルの研究所で働く若い女性である。研究所では、人間そっくりのアンドロイドであるシンセ(Synthetic)のアッシュを製作し、人間とのかかわりを観察する。ゾーイは離婚したばかりの研究者のコール(ユアン・マクレガー)に魅かれるが、自分が人間とのかかわりを観察するためのシンセであり、記憶は偽物であるとコールから知らされる。ゾーイはシンセの売春婦であるジュエルズにアドバイスを求め、コールとの仲を深める。だがゾーイが交通事故に遭って損傷したことをきっかけにして、コールはゾーイと距離を置き研究所を辞める。ゾーイとコールは、ベニゾルの製品である恋愛を促進する薬品を飲んで、それぞれゆきずりの関係を試すが充たされない。ベニゾルは人間のパートナーとしてゾーイと同じ型のシンセを量産する。ゾーイはアッシュにならって自分の機能停止を望むが、思いとどまって蘇生し、コールと再会し涙をこぼす。

関連記事

  1. Christopher Robin (2018) / プーと大人になった僕

  2. Beauty and the Beast (2017) / 美女と野獣

  3. Miles Ahead (2015) / マイルス・デイヴィス 空白の5年間

  4. Mortdecai (2015) / チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

  5. T2: Trainspotting (2017) / T2 トレインスポッティング

  6. Our Kind of Traitor (2016) / われらが背きし者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。