A Life Less Ordinary (1997) : 普通じゃない

『普通じゃない』(A Life Less Ordinary)は、1997年製作のアメリカ映画。ダニー・ボイル監督のハリウッドデビュー作。日本公開時のキャッチコピーは「誘拐 脅迫 強奪 カラオケ 人が愛のためにやること。」。

天使の策略で出会った男女の恋の逃避行を、ポップな演出で見せていくオフビートなラヴ・コメディ。監督は「シャロウ・グレイブ」「トレインスポッティング」の英国の新鋭ダニー・ボイルで、彼のハリウッド進出第1作。製作のアンドリュー・マクドナルド、脚本のジョン・ホッジ、撮影のブライアン・タファノ、美術のケイヴ・クイン、編集のマサヒロ・ヒラクボ、衣裳のレイチェル・フレミングはボイル作品の常連。音楽監修は「KIDS」のランドール・ポスター。振付はアダム・シャンクマン。

監督:ダニー・ボイル
出演:ユアン・マクレガー、キャメロン・ディアス、ホリー・ハンター、デルロイ・リンド、イアン・ホルム、トニー・シャルホウブ、スタンリー・トゥッチほか

 ・ amazon : A Life Less Ordinary (1997) / 普通じゃない

 ・ Apple : 普通じゃない (字幕版) – ダニー・ボイル

A Life Less Ordinary (1997) / 普通じゃないのあらすじ

小説家を夢見る清掃員ロバート(ユアン・マクレガー)は、ある日ロボットの導入のせいで会社をクビになる。怒涛のごとく社長室に押しかけたはいいが、たまたま居合わせていた社長令嬢セリーン(キャメロン・ディアス)を誘拐するハメに……!?

ダニー・ボイル監督と主演ユアン・マクレガー。イギリス映画『トレインスポッティング』で注目された両者が再びコンビを組んで、ハリウッドに乗り込んで製作した、ワイルドでファニーだがどこかロマンティックでコミカルなラブ・ストーリー。
掃除夫をしながら小説家を夢見るロバート(ユアン・マクレガー)は、自分をクビにした社長の娘セリーン(キャメロン・ディアス)をなぜか誘拐して逃亡する羽目になる。すべては、ふたりを結ばせるように天国の警察署長から命令されたふたりの天使(ホリー・ハンター&デルロイ・リンド)の仕業であった…。
心優しい男とじゃじゃ馬娘という主演ふたりのやりとりや、天使たちのつっこみなど、まさに「普通じゃない」おかしみが実によく描出されている快作。(的田也寸志)

  • コメント: 0

関連記事

  1. The Serpent’s Kiss (1997) : 悪魔のくちづけ

  2. Rogue Trader (1999) : マネー・トレーダー 銀行崩壊

  3. Brassed Off (1996) : ブラス!

  4. Eye of the Beholder (1999) : 氷の接吻

  5. ベルベット・ゴールドマイン (1998) : Velvet Goldmine

  6. Little Voice (1998) : リトル・ヴォイス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。