Little Voice (1998) / リトル・ヴォイス

『リトル・ヴォイス』(Little Voice)は、1998年制作のイギリス映画。1992年にロンドンのロイヤル・ナショナル・シアターでサム・メンデスの演出により初演されたミュージカル『The Rise and Fall of Little Voice』を映画化した作品。

 ・ Amazon : Little Voice (1998) / リトル・ヴォイス

 ・ Apple : リトル・ヴォイス(字幕版) – マーク・ハーマン

 ・ Youtube : Little Voice (1998) / リトル・ヴォイス

Little Voice (1998) / リトル・ヴォイスのあらすじ

イギリス、ノース・ヨークシャー州のスカーバラ、シャイなローラ(ジェーン・ホロックス)は、優しかった父親の亡き後、ほとんど口を利かなくなり、毎日部屋にこもって父親が残したレコードを聴いて過ごしていた。口うるさい母親のマリー(ブレンダ・ブレッシン)はそんなローラをLV(リトル・ヴォイス)と呼び、彼女を苦々しく思っていた。
ある日、マリーの新しいボーイフレンドのレイ・セイ(マイケル・ケイン)が二人の家を訪れる。レイはプロモーターで、LVがジュディ・ガーランドやシャーリー・バッシーなどをそっくりに歌えることに気づき、なんとか舞台に上げて一儲けしようと計画する。

関連記事

  1. Rogue Trader (1999) / マネー・トレーダー 銀行崩壊

  2. Velvet Goldmine (1998) / ベルベット・ゴールドマイン

  3. Trainspotting (1996) / トレインスポッティング

  4. Star Wars Episode I: The Phantom Menace (1999)

  5. A Life Less Ordinary (1997) / 普通じゃない

  6. Eye of the Beholder (1999) / 氷の接吻

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。