Big Fish (2003) / ビッグ・フィッシュ

『ビッグ・フィッシュ』(Big Fish)はティム・バートン監督による2003年作のファンタジー映画。

ダニエル・ウォレス(Daniel Wallace)のベストセラー『ビッグフィッシュ – 父と息子のものがたり』を原作にジョン・オーガストが脚色した。

 ・ amazon : Big Fish (2003) / ビッグ・フィッシュ

 ・ amazon prime : Big Fish (2003) / ビッグ・フィッシュ

 ・ Youtube : Big Fish (2003) / ビッグ・フィッシュ

Big Fish (2003) / ビッグ・フィッシュのあらすじ

身重の妻ジョセフィーン(ジェシカ・ラング)と暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム(アルバート・フィニー)。彼の父エドワード・ブルーム(ビリー・クラダップ)は自らの人生を巧みに語って、聞く人を魅了するのが得意だ。ウィル自身も幼い頃は父の奇想天外な話が好きだったが、年を取るにつれそれが作り話であることに気づき、いつしか父の話を素直に聞けなくなっていた。3年前の自分の結婚式にエドワードが息子ウィルの生まれた日に巨大な魚を釣った話で招待客を楽しませた時、不満が爆発する形でウィルは父に今夜の主役は自分であると訴え、父は自慢の息子の結婚式を盛り上げるためだったが裏目に出てしまい、ウィルは一方的に父と疎遠になる。

そんなある日、母サンドラから父が病で倒れたと知らせが入る。ウィルは妻と共に実家へと戻る。しかし、病床で相変わらずな話を語り出す父と、本当の父を知りたいと葛藤する息子は理解し合えぬままだった。

父の荷物を整理していたウィルは古い証書を見つけると、エドワードの過去を聞くために、証書に名前の記された女性ジェニファー(ヘレナ・ボナム=カーター)に会いに行く。お化け屋敷のような場所に1人で住むジェニファーの話から、これまでウィルが完全なほら話と思っていた話の中に実は真実が含まれていたこと、そしてエドワードが多くの人に愛され、妻子を深く愛していたことを知る。

さらにウィルはベッドで寝たままの父から今までの人生を聞く。

『エドワード(ユアン・マクレガー)は若い頃から楽天的で人を幸せにする事が大好きだった。ある日、エドワードは旅に出る事になり、信じられないような大男と会ったり、サーカス団に入ったりし、靴を上に吊るされた長い紐に投げて裸足で過ごす村でサンドラ(アリソン・ローマン)に出会い、サンドラを強引に妻にしようとする男に殴られて花畑でボロボロになる。サンドラは「何故攻撃しなかったの?」と泣きながらエドワードを介抱するが「暴力で幸せを僕は見た事がない」と語り、サンドラにプロポーズする。』

エドワードの葬式に、これまでほら話だと思っていた人々がたくさん集まってくるのだった。エドワードの話に出てきた「腰から上は2人の双子の女性」は普通の双子だった、実際にあったことを誇張して話していたのだ。

ウィルは母の頼みを聞いてほら話の続きを語る、『老いて弱ったエドワードを川に帰すと彼は「ビッグフィッシュ」となり、元気に川を泳いで去っていった。』と

関連記事

  1. Young Adam (2003) / 猟人日記

  2. Down with Love (2003) / 恋は邪魔者

  3. Black Hawk Down (2001) / ブラックホーク・ダウン

  4. Star Wars Episode III: Revenge of the Sith (2004)

  5. Star Wars Episode II: Attack of the Clones (2002)

  6. Moulin Rouge! (2001) / ムーラン・ルージュ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。